人間関係

楽しい人間関係のつくりかた

Pocket

今まで

色々書いてきてるし、

これからも書こうと思っている事も沢山あるけれど

 

今日の内容ほど勇気をもって書き綴る事はないんじゃないか?と思う。

 

これを書いてしまうことは

やっぱり

私の中で起こった大きな傷ついた過去を思い出すことでもあり

今の今まで、近しい人以外に伝えた事がない内容でもあるので

正直不安や恐怖っていう感情はあったんですが

 

けど

この事を伝えることで

当時の私のように

 

悩んだり傷ついた人がいるならば

少しでも力になれるかもしれない。

そう直感で感じたので書くことにしました。

 

 

それは何かというと。

 

実は

私は過去に

仲の良かった友人に本音を伝える事をした後

理由も言われずフェードアウトされて関係性を終わらされた、という事が3回あります。

 

周りの人はどう思うかわからないけれど、私にとっては大きな出来事。

1度は10代。

残り2回は、20代前半と20代後半。

 

本当に大好きな友人だったので

ものすごくショックだったし、結構当時は引きずった。

 

1番近い20代後半にフェードアウトされた人のことなんて、この気質がゆえ、今でもたまに思い出しちゃって悲しくなったりします。

 

 

私が無意識に相手に嫌な思いをさせたのかもしれない。

相手を傷つけたのかもしれない。

私のどういうところが駄目だったのか?

あの時、私はどうすればよかったんだろう…

 

 

そんな事をずっとずっと考え続け、悩み続け

少しずつ

自分の駄目なところをなおそう。変えよう。改善しよう。

 

と努力は続けてきたつもりです。

 

だって3回ですよ?

自分にきっと原因がある。

 

なら私は沢山悪いところがあるんだ。変わらなきゃ変わらなきゃ!

 

そう思い

頭の中で何度も言い聞かせました。

 

ほかにも

 

それだけの関係だったんだ。

もともと合わない関係だったのだろう。

いつかはそうなっていたんだ。

今は離れたほうがいいからこうなったんだ。

ご縁という言葉があるし、また仲良くなる時もあるかもしれない。

 

そんな事も思っていました。

 

 

 

けど

 

相手が理由もいわずに離れていった。

この事実だけが心に残ってしまい、人間関係に不安を覚え、臆病になってしまう自分が消えず、

くよくよしてしまうことも多々ありました。

 

 

同じHSPの気質の方には

人間関係がうまくいかず、悩んでしまう人も沢山います。

その関係性の対象は

家族だったり、パートナーだったり、友人だったり。

さまざまですが、

敏感気質がゆえ必要以上に気付きも多く、加えて心が傷ついてしまい、へこんでいる人が沢山いるんですよね。

 

今となれば

だいぶ当時のことは気にせず

日々楽しく過ごせる私になれた訳ですが

 

変われたその理由は意外なところからだった。

 

 

それは

 

うまくいかない人間関係があった時の私は

私らしくなかったから。

 

ただそれが理由。

 

 

 

 

「本当の私=私がすきな私」

じゃなかったから、人間関係がうまくいかなかったんです。

 

 

HSPのこの気質は、

周りの事にたいして敏感に気付くことができる気質です

そして共感力の高さから、そんなつもりじゃないのに

この気質がゆえ相手の期待に応える状態を自らつくりやすいんですよね。

 

 

私は当時、

相手が思うイメージの私を敏感にキャッチし、無意識に相手がイメージする私になっていたんです

一言で説明しちゃうと、

「HSPの気質を全部隠して過ごしていた」んです。

 

 

頼りになるよね。といわれると、弱音を見せず強い私でい続けた。

(本当は家ではめっちゃくよくよしてる)

 

お気楽で悩みなさそうだよね。と言われると、悩みがない風な元気な自分だけを他人には見せ続けた。

(実は些細な事にもがんがん悩んでる)

 

いつも明るいよねと言われると、辛い顔なんて見せちゃ駄目だ!と明るくいる自分でい続けた。

(本当はびびりで、一人ですごい落ち込み、時には泣くくせに)

 

 

とまぁ、

 

本当の自分とは真逆の自分でなかなかの長い時間過ごしていたんです

 

くよくよしがちで泣き虫で、すぐへこむ。こんな私を見せたら人は離れていく。と思い込んでたんですね。

 

 

なんか世の中では

考え過ぎ、繊細、神経質

この3大ワードを示す人は嫌がられる傾向にある気がしてて。

 

それに当時の私は

その3大ワードに当てはまる人は、大げさにいうと「うざいやつ」なんだと自己解釈してました。

 

それが

20代後半の仲良しだった友人が離れていった時を境に

私の中の何かがはじけたんですよね。

 

言うならば、そう。

逆ギレです。笑

 

 

もういい

もーーーーーー疲れた

なんかもういい!!!もーしーーーらない!!!

自由に生きてやる!!

仲良しの子が3回も離れるなんて…。

どうせ私は駄目人間ですよーーー

ふん。

こうなったらとことん嫌われてやろうじゃないか!!!

と。

 

この瞬間、ようやく本当の私が表に飛び出したような気がします。

 

 

そう。

嫌われていい=素の自分

の完成した瞬間です。

 

 

 

そうしたらあら不思議。

なんて不思議。

 

 

あんなに頑張って、人の期待に応えたいた時の人間関係より

居心地の良い人しか周りにいない!

毎日がめっちゃ楽しい!

人間関係円滑!!

自分のことが好きで楽しい!

てか素敵な人見つけて結婚までできちゃったよ!

 

と、こんなに変化しました。

 

 

だから、さ。

素敵な人間関係を構築したいなら

本来の自分でいるしかない

 

自分の本当の部分を出して、理解してくれない人も世の中には沢山います。

けど理解してくれる人も沢山いる。

 

その為にはやっぱりスタート地点は「自分」。

 

自分が変われば確実に何かが変化します。

 

なにより!

自分の気質を好きでいよう!!

神経質万歳!

繊細万歳!

 

日本の心、「おもてなし」が1番できるのは絶対HSP気質の人!私はそう思ってる。

 

 

絶対に大丈夫。

私が保証します。

 

このブログがだれかの力になれたいいな。

心の底からそう願っています。

 

 

Elina

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA