断る勇気をもつ

Pocket

断るのが苦手

いわゆる

NOといえない

という方はとても多いです。

 

そんな方は

 

自分がNOという事で

相手に気を遣わせてしまうんじゃないか。

 

 

断ると言うことは自分本位じゃないかな?

 

断ったら申し訳ないし…。

 

といろんな思いを張り巡らし

あーでもないこーでもないと

ぐるぐる考えてしまい

 

 

本当の本音の、自分の心の声は

断りたい

と決まっているのに

 

相手の都合を考えたり

自分の答えに自信をなくしたり

一般的な常識みたいなものを気にしたり

 

それゆえ

自分の本音を無視してしまいがちです。

 

 

 

 

加えて

そんな時

断れない自分をだめだなぁと思ったり

よし!次の機会には!

なんて思ったとしても

その場面になるとやはり断る事が出来なかった。という方もいると思います。

 

 

 

特に曖昧表現が普段の日常生活で多く使われている

我ら日本人。

 

そしてここ日本では

 

YESかNO以外の表現が山ほどあるので

やんわりソフトに断る表現もありますが

 

いざ

本当に断りたい時っていうのは

場合によっては

この優しい断り方が通用しない事も多いです。

 

こっちが断ってるつもりでも

相手には伝わってなくてYESと言ってると思われちゃう。とかね。

 

 

それゆえ

 

そんな断る事が出来ない自分を責めたり

自分ってだめだ

 

そう思う方は少なくありません。

 

 

 

でも実は。

この

断れない理由っていうのは

大きくわけて2つある

というのを

 

これを読んでいる方はご存じでしょうか?

 

 

 

実は

 

相手の事を思うからこそ断れない時

 

自分への評価を気にしているからこそ断れない時

 

 

 

断る事ができない時というのは

この2つのパターンのどちらか、なんです。

 

 

 

 

例えば

仕事関係でも家族内でも。

相手のほうも忙しそう(忙しそうにみえる)し、頑張ってくれている、

それなのに

自分の用事や

とにかく自分事に関わる事で本音を伝えても良いのだろか?

そんな事したら相手に申し訳ないなぁ…。

 

という

相手を配慮する優しい気持ちがあるがゆえに思う時もあれば

 

 

 

断るという事で

 

嫌われたらどうしよう

評価が下がったらどうしよう

自分勝手と思われたらどうしよう

 

自分へのイメージや自分への評価がとにかく気になり断れない

という時があるのです。

 

 

 

 

 

でも知ってましたか?

 

 

どちらの理由にせよ

 

実はあなたが断る事は

あなたが思っているほど大きな出来事ではない

ということを。

 

 

 

 

いやいや、そんな事ない。

こっちが断ってしまったら支障をきたしてしまう。

相手が大変なことになってしまう。

私の責任があるんだもの。

 

そう思う方もいるかもしれません。

 

 

確かに

多少なりとも影響がある場合もあるでしょう。

 

でも

しつこいようですが

 

本当にそんなに大きな支障が出るでしょうか?

 

 

 

そういうと不快に思う方もいるかもしれませんので

 

少しこちらの例をお話させてください。

 

 

 

 

私の知り合いのOさんは

もの凄く仕事が優秀で、

会社のキーパーソンといえるような大きな存在。

会社でも責任ある仕事を沢山任せられる程のポジション。

 

そんなOさん。

ある時ヘッドハンティングされ、別会社に引き抜きの話が出ました。

 

Oさんは次のステップアップを考えていた時だったので

その依頼に喜び、二つ返事でOKを出したのですが

 

今いる会社での自分は重要な存在、と認識していたので

今いる会社に伝える事が出来ずずっと悩んでいました。

ですがある時意を決して上司に伝え会社を辞める事ができました。

 

 

Oさんは心の中で

自分がいなくなると会社はどうなるんだろう…と気にしていたのですが

思いの外。会社の売り上げが落ちる事もなく

何も影響を持たなかった事に驚いたそうです。

 

 

 

 

他にも。

 

Aさんは子どもが3人いて、いつも家のことや仕事も頑張るとてもパワフルな方。

家のことを協力してくれる旦那さまもいますが、

どちらかというとメインで家のことをしているのはAさんでした。

 

そんな時、

仕事で何日間か出張に行く話が出ました。

凄くその出張に魅力を感じたAさん。

ですが家のことを考えると

旦那さんに断りをいれて行っていいのか、、とても悩んだそうです。

 

沢山悩みましたがダメ元でお願いしたところ

思いの外あっさりとOKを頂けてAさんは拍子抜けしたそうです。

 

 

 

 

少し長くなりましたが

何が良いたいか、といいますと

 

もうおわかりかと思いますが

 

 

 

 

あなたが断っても

実はどうにかなる

んです。

 

 

自分が断りたいけど、断れない時。

本当の本音は

断りたい

と思っているのであれば

 

 

ぜひ一度

なぜ、今断れないのか?

という事をまず考えてみて

 

どっちの理由なのかを自分で判断するようにしてみて下さい。

 

自分を知る、というのは

自分らしい日々を送るうえで大きなヒントに繋がります。

 

 

 

そして

どっちかわかった時

 

断っても問題ないんだ

どうにかなるんだ

 

という事を思い出してほしいなと思います。

 

 

 

断るという事はけして悪いことではありません。

 

 

 

 

どうにかなるから大丈夫

 

という事を忘れずに

自分の心の声に素直になってみてください。

 

自分の本音に従うことは

確実にあなたの思う

あなたが送りたい日々を過ごす道に繋がりますよ。

 

自分の本音を大切にしてみてくださいね。

 

 

今日もよんで頂きありがとうございました。

 

Elina

関連記事

  1. 人に合わせてしまってばかり…という人へ

  2. 人間関係の極意。自分を理解してもらいたければ…

  3. 無視された時。無視されたと感じている時。

  4. 人間関係の悩みが消える魔法の方法

  5. こんな人が周りにいるなら気をつけて!

  6. 嫌いなのにその人の事ばかり考えてしまうって時

  7. 必ずわかる!理解出来る!HSPでない人の感覚。

  8. 周りは結局なんとでも言うんです。あなたはあなたらしくが1番いい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。