人間関係で悩みたくない方必見。

Pocket

今日は

答えから

ずばり言っちゃいます。

 

実は人間関係で悩まない方法が1つだけあるんです。

 

 

 

私自身が身をもって実践してきたなかで

もうこれしかないと思う究極の方法。

 

 

 

これです。

 

 

 

 

 

 

 

嫌われてもいいと思うこと

 

 

なんだ、よく言われていることじゃない。

と思わず

最後までお付き合い頂けると嬉しいです。

 

 

 

前にこちらのブログでも書いたように

本当の自分、周りに見せている自分。あなたはもしかしたらHSP予備軍?

 

 

 

昔の私は、

自分がなりたい自分をずっと演じていました。

 

 

 

それに

過去に流行った

アドラー本を読んでいても

(あの有名な嫌われる勇気という本です)

 

 

なんとなくしか理解できなかったこの

嫌われてもいいと思う気持ち。

 

なんだか本を読んだ後は

大丈夫な気持ちになっていたけれど

やっぱりうまくいかなかったです。

 

 

 

私はどちらかというと

見た目は派手といわれるほうで

 

 

加えて

もともとすごい太ってた事で

抜け出せなかった外見コンプレックスと

中学時代の同級生の嫌がらせ。

 

 

そして

女性あるあるとも言えるような

人間関係でのもめごとなどが相まって、

 

 

内側は弱いくせに

外から見える自分、見せている自分は

「強そうな自分」をずっと演じてきました。

(言葉遣いや態度も含めて)

 

 

 

加えてHSPという気質の

相手の些細な態度に敏感に反応する

という面から

 

 

 

相手が少しでも自分に対して嫌そうにみえる。

もしくは

あまり好んでない?と感じる、気付く。

 

嫌われたくない。

またあの女子のいがみあいや、もめ事は避けたいと思う。

 

だから自分の本音を自分で見ないフリして

笑顔であわせる。そして強気な態度で

これが私です、のように振るまう。

(ときに文句も参加する)

 

場合によっては、友人に依存して

一人じゃない孤独じゃない日々を送ろうと努める。

 

結果

フェイクえりなのできあがり

 

 

 

と、こういう構造で進んでいました。

 

 

それを続けていると、

次第に

自分でも自分が

 

本当は何が好きで、何が嫌なのか?

 

自分の本当の感情すらわからなくなり

 

 

ずっとワケのわからない自分と付き合い続け

気付けば20代を終わらせていたようにすら思えます。

 

 

 

そんな事から

離れた友達もいます。

合わなくなった人もいます。

 

 

でもいいんです。

 

 

どうせ

当時の私は

本当の、

自分に誠実な私ではなかったし

 

 

その当時から

「今の私」を見せていた友人は

少なからず全然離れず、今もそばにいてくれているから。

 

 

 

そんな月日を経て

「今の私」は

自分で自分のことを心から大好きだと思えるようになりました。

 

 

そして

「今の私」の周りにいる人は

自分と合う人であり、

自分が自分でいれる相手であり

また相手も同じように思っていると言ってくれる。

 

最高な人間関係を築けています。

 

 

恋愛もそう。

自分らしさを自分で受け入れ、

好きになった後すぐに

主人と出会ったのですが

 

 

今までの恋愛はなんだったのだろう?

と思う程

 

初めて恋愛って良いもので辛いものではないんだ

 

という事を知りました。

 

 

それはそのはず。

 

過去の私は

自分が同性ともめる事が嫌すぎて

恋愛に逃げ、そして依存することで

自分を認めようとしていた。

 

 

要は

人を使って自分を認める作業を続けていたのです。

 

もう、、最低です。

 

 

そんな私ですが

 

嫌われてもいいと簡単に思えたワケではありません。

 

 

 

本当の本当に

自分を好きになるには

実は

嫌われてもいい。

と思う気持ちを

ことあるごとに思い出し行動して持続させていく。

 

 

実は本当はこれが大切なんですよね。

 

というよりこれしかないんだと思います。

 

 

 

 

 

例えば

本当は返したくないなぁ…と思っているメールやLINE。

それを1度スルーしてみる。

相手のリアクションは気にしない。

(HSPの私には1番これが怖かったです)

 

他にもしゃべりたくない人がいる。絡みたくない人がいる。

その気持ちをダメだと思わない。

その人の期待に応えようとしない。

 

そんな風に。

 

 

とにかく

自分の気持ちに素直になってみる

んです。

 

 

始めは怖いと思います。

私も凄い怖かったから

簡単に出来るものではないのは承知の上でお伝えしています。

 

 

 

でもね、

実はあなたが無理につくってるその人間関係から抜けたからって

たいした支障はないんですよ。本当は。

 

 

たいした事だと思っているのはあなただけで、

だいたいはどうにかなりものです。

経験者なので自信をもっていえます。

 

 

でもすぐには出来ないと思いますし

私も時間がかかったのは事実ですから

 

 

本当に自分が出来る範囲で(ここ凄い重要です)、少しずつでいいので

可能なところからトライしてみる事をお勧めいたします。

 

 

そうすると

それを少しずつでいいから続けていくだけで

確実に自己肯定感が高まります。

本当です。

 

自分のこともどんどん好きになれますよ。

 

 

 

今日はかなりさらけ出して書きましたが

私の実践や経験談が

少しでも誰かのお役にたてれたら幸いです。

 

自分を否定していくと

本当の自分が見えなくなっていきます。

 

本当の自分が見えなくなると、

自分の人生を自分のために過ごせなくなります。

 

 

少しずつで良いから

これを読んでいるあなたが

よりよい気持ちで過ごせる日々を送れますように。

 

 

 

今日も読んで頂き有り難うございました。

 

Elina

関連記事

  1. 必ずわかる!理解出来る!HSPでない人の感覚。

  2. 嫌いなのにその人の事ばかり考えてしまうって時

  3. 否定してくる人への対処法2

  4. 断る勇気をもつ

  5. 人と比べてしまう時

  6. 無視された時。無視されたと感じている時。

  7. 人間関係の極意。自分を理解してもらいたければ…

  8. 人間関係の悩みが消える魔法の方法

コメント

    • nov
    • 2018年 9月 20日

    こんにちは。
    私は33才男性、HSPです。
    いくつか記事を読ませて頂きました。
    共感するところが多く、とても励まされます。
    おそらく、私の父もHSPです。言い切ることはできませんが、彼の抱えていた苦しみは、そのように考えると全て辻褄が合います。
    そして私も今苦しんでいる。自分を追い込んで、追い込んで、手に負えなくなると「こんな事も出来ないのか」と自分を責める。
    だけどこうやって個性について考えを共有できる時代になって、少し未来に希望を持てるようになって来ました。
    HSPの人達が辛く息苦しい世の中は、私たちの世代で終わりにしたいですね(^ ^)

    • Elina
      • Elina
      • 2018年 10月 29日

      novさん
      コメント有り難うございます。
      少しでもブログが力になれたのであれば嬉しい限りです。

      何度かブログでも書いておりますが
      HSPはあくまで気質であり、
      この気質が善し悪しを決まるモノでございません。
      受け取り方や気質との付き合い方では凄く素敵な気質でもありますよ。

      辛さや苦しさは気質が原因ではなく、捉え方が不器用さんだったりするから、
      というのも理由だったりします。
      少しでもまた参考になれるような記事をお伝えできたらと思っておりますので
      是非またブログのそきにきて下さいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。