HSPLife

HSPの方には必ず読んでほしい。 環境の整え方。

Pocket

私のブログを読んで下さっている方は

 

 

きっと大半の方がHSP気質の方だと思います。

 

そこでお伝えなんですが

 

 

今日のブログはもしかすると

人によっては

少しきつい内容になるかもしれません。( もしかしたら時としてとってもきついかもしれません)

 

ですが、予め

とっても大切な事

 

をお伝えしますが

 

仮に今日の内容が

あなたの価値観とまるで違っていたとしても

 

 

けして、断じて

これを読んで下さっているあなたの価値観を

否定したり、責めたり、ダメだと言っている訳ではないですからね。

 

 

 

必ず

いち個人、Elinaという人の意見が書かれているものなんだ、

ということを念頭において読んで下さいね。

 

 

 

 

私のブログを読んで下さっている方の中には

 

この気質特有の

自分を責めてしまったり

自分に自信をなくしやすい特徴から

 

 

 

Elinaさんが言っている意見と私は違う。

ということは、私はダメなのかな。

と自分を否定してしまう方がいないとは言い切れません。

 

 

ですが

私と違うからといって

 

それがダメとか良いとかの判断が出来る程

私はすごい人ではないですし、私も一人の人間です。

 

 

そもそも色んな意見があって良いと思うんですよね。

 

 

 

この記事が

誰かの心に少しでも響いてくれたらそれで良いと思っていますので

 

今お伝えしたことを忘れずに続きを読んでほしいなと思います。

 

 

 

…と

かなり前置きが長くなりましたが

早速本題へ。

 

 

これを読んでいる方に質問なんですが、

 

今の環境は、あなたの思う環境ですか?

 

 

居心地はいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

最高、という方もいれば

いつも気を遣って疲れています、

自分を出せてません。

という方もいるでしょう。

 

 

最高、という方はぜひ今の環境を楽しんで欲しいなぁと心から思います。

 

今日はその逆な気持ちを持っている方に読んで頂きたいのですが

 

 

 

なぜ今の環境は居心地が良くないのでしょうか?

 

 

 

 

私はこれを読んで下さっている方の事情はわかりかねますが

 

きっと沢山の背景が隠れているかと思います。

 

 

 

なんとなく、な人。

わかっていても変え方がわからない人。

変えようにも変えられない状態なんだ、という人。

 

いろんな方がいらっしゃると思います。

 

 

 

そこで

自分を居心地の良い環境に置きたい、という願いはどんな人でももっている事だ思いますが

 

 

私は

 

 

自分の居心地が良い環境に自分を置く

ということは

時に努力が必要なこともあると思うんです。

 

 

 

その努力というのは

NOという勇気を持ったり

人からの意見より自分の意見を大切にする覚悟をしたり。

 

その人にしかわからない勇気を持って挑むことであったり。

 

 

 

その大変さや

しんどさは

その人自身にしか勿論わからない事ですが

 

 

 

それって

HSPの人だとしても

HSPの人でなかったとしても

気質に関係なく、どんな人でも必要な行為だと思うんですよね。

 

 

 

 

それを仮に

私はHSPだからそんな簡単にできないです。

とか

 

この繊細さをわかってくれない人にわかってもらうのは無理です。

HSPでない人はわかってくれない。

 

と仰る方は

 

少し待って下さい、と私は言いたいです。

 

 

 

かなりシビアなことをお伝えしますが

 

自分をもつ

ということと

 

自分の言いたいことを主張する

 

のは全然違う意味を持つと思うんですよね。

 

 

 

 

勿論私もHSPなので、

相手の顔色や反応などが気になったり怖くなったりすることもあります。

 

 

相手に意見を言うことが大変な時が沢山あることや

気を遣いすぎて本音を出せない事もあります。

 

 

 

自信をなくしやすく

自分を責めやすいこの気質ゆえ、

自分の意見を大事にする事の難しさや大変さなど、百も承知です。

私も沢山経験してきました。

 

 

だからって

私は乗り越えた、すごいとか

私は出来るのにあなたは出来ないんですかとか

そんな事を言っているのではないですからね。

 

 

絶対勘違いしてはダメですよ。

 

 

 

私自身、最近も

 

相手のことを気にして一人でびくびくしたり

こんな態度しちゃって良かったのかな?

相手は嫌な気持ちしないかな?と考えてばかりでした。

 

なんなら、小さい事であればそんな事毎日思っています。

そう言い切れる程にこの気質を感じながら日々を過ごしています。

 

 

 

 

だからこそお伝えできると

おこがましく思っているんですが

 

 

 

あなたを守れるのはあなたしかいません。

 

 

あなたを大事にできるのもあなたしかいません。

 

ということ。

 

 

 

自分の気質を出せない、とか

この繊細さをわかってくれない人にわかってもらうのは無理です。

と仰る前に

 

 

根本的に

 

自分と違う人を受け入れる事をする努力はしてますか?

 

と聞きたいです。

 

そんな質問をすると

こんな風に思う方もいるでしょう。

 

受けいれてるし、受け入れようと心がけている。

でもそれでも、相手よりこちら側が繊細で傷付きやすいんだもの

 

という方もいるかもしれません。

 

 

 

 

でももしかしたら

相手だって、相手なりに

あなたにはわからない、あなたが知っている感覚とはまるで違う感覚

悩みがあったり考えたり辛い気持ちになってるかもしれません。

 

 

 

相手もあなたにたいして同じように思っているかもしれませんよ?

繊細じゃないから傷付かない訳ではないですしね。

 

 

 

 

HSPだけの世界が良い、とか

HSPの人だけが周りにいればいいのに、などと仰る方もいますが

 

 

それで本当に良いのでしょうか?

 

 

もし心からそれでいいと仰るのであれば、HSPの良さは逆に隠れてしまうかもしれませんよ?

 

 

 

繊細でない人にも良さがあります。

そして

その人たちがいるからこそ、この気質の良さも際立つんではないか。

そう私は思っています。

 

 

 

 

もし

違う気質の方を理解する努力をした、している。

それでも無理だ、無理そう。出来なかった。

そんな時もあると思います。

 

 

その時には

頑張った自分を沢山褒めていいと思うんです。

前も別の記事で書きましたが

合わない人は合わないし、相性の違いは必ずあるものです。

 

 

 

潔くそこから離れるのも手です。

そこから離れられそうにもないなら、うまく適応する事をきっと既にされていると思います。

 

 

自分の環境を整える、

ということは

 

自分を知り

自分と向き合い

自分を受け入れ

の繰り返し

 

なんではないでしょうか。

 

この気質を

HSPでない人への盾や武器にしないでほしいなぁと強く願います。

 

 

この気質のつらさや大変さ誰よりも私は知っています。

 

 

私は。

 

過去には

いじめられた事もありました。

学校にも仕事にも行きたくないことなんて沢山ありました。

自分を犠牲にする本当に命を粗末にするような行為を考えたことも、

体調を崩しまくり救急車に何度も運ばれた事も

 

沢山あります。

 

そんな私は今

 

最高な環境に自分をおいています。

 

 

そんな私だからこそ

強く思うことです。

 

 

今日はかなり長文となりましたが、ここまでお付き合い下さって本当に有り難うございました。

 

これを読んでいるあなたが

笑顔あふれる環境にいれますように。

心から願っています。

 

Elina

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA