今の環境は本当にあなたの希望通りですか?

Pocket

仕事

恋愛

友達

などなど。

 

 

人はいろんな人間関係に囲まれていて

 

いろんな価値観の人と常にふれあって

影響させたり影響されたり。

 

 

 

 

そうやって日々を生きています。

 

 

自分が興味を示す事

自分がやってみたい事

自分が好きな事や嫌いな事

 

 

 

そういうのも

今まで育った環境や刺激をうけたもの。

 

 

 

 

周りからの影響を受けてます。

 

 

 

家庭環境だったり、友人や職場、学校の人間関係。

たまたま出会ったテレビや雑誌の情報。

SNSで見かけた人。

 

 

影響される対象をあげたらきりがないかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな日々を1週間、1ヶ月、1年と過ごしていくうちに

 

人の価値観は変わるし感覚も変化したりするもの。

 

 

それを世の中では

「大人になる」とか「あの人は変わった」

ときには「まるくなった」「おだやかになった」

 

 

とかで表現したりもする。

 

 

 

 

そんな中

 

自分が今好きだと思っている人や人間関係。

自分にはこれだ!と思っている仕事、趣味。

 

 

そういうことに対して

少しでも、

 

心のどこかで、なんだかもやもやとしてしまうのであれば

 

それは

あなた自身に合ってないのに心の中でそんなことない、と言い聞かせている

 

もしくは

 

なんらかの影響で価値観が変わってきている

 

のどちらかだったりします。

 

 

 

だって

 

 

 

そもそも

対象はどうであれ、

 

 

そのものに対して

心地よいと思っているのであれば

もやもやなんて感情は起こらない。

 

 

 

 

この人!と思って結婚した相手。

なのに今は、もやもやとした気持ちのほうが大きく感じる。

 

きっとそのもやもやは、

当時のあなたが気付けなかっただけで、

実は相手は意外と何も変わってなかったりする。

そんな相手を当時のあなたは選び、それでいいと思った(もしくは思い言い聞かせた)

 

 

 

 

この仕事だ!と思って天職とさえ思っていた職業。

疲弊してる。人間関係で悩んでいる。

それでも頑張ってきた。だってコレだと思うもの。好きだもの。

 

でも心のどこかで、これで良いのか?と思ってる。

 

そんな状態も

 

あなた自身に合ってないのに心の中でそんなことない、と言い聞かせている

 

もしくは

 

なんらかの影響で価値観が変わってきている

 

のどちらかだったりする。

 

 

 

 

人間関係でもめごとがある。

陰口、ねたみ、ひがみ。

そんな事から身を守る事に必死で、日々頑張ってる。

というか。

それが人間関係だもの。そんなもの。

 

と言い聞かせてる。

 

 

知ってますか?

 

 

あなたの知らない人のなかには

驚く程人間関係が順調な人が世の中に沢山いることを。

 

 

 

自分の人生1度きりです。

 

 

自分の心の声に耳を傾ける。

自分の本音と向き合う。

 

 

なかなか勇気のいる作業かもしれません。

 

 

 

だって私たちは

日々を過ごしていく中で

自分を守る言い訳を言うことがどんどん上達していくものですから。

 

 

 

本当の心の声に気付くと何か恐ろしい事が起こるような気がする。

気付いてしまったら、後戻りなんて出来ない。

 

いや、そもそも気付いたからって良くなることはない。

 

 

そんな風に思う。

 

 

だからって

気付いたとして、その後どうするかはあなたの自由なんです。

 

 

 

このままの環境に

不満を隠しながら、何かを隠しながら過ごすのか。

 

思い切って、本音を大事に自分の声を大切に道を切り開いていくのか。

 

どちらでも良いんです。

 

 

 

 

ただ

一つお伝えしたいのは

 

不満をいう人には不満をいう人しか寄ってきません。

穏やかな人には穏やかな人が寄ってきます。

 

そんなものです。

 

 

心の持ちようをどのようにするのか?

それを決めるのもあなた次第です。

 

 

 

自分の環境

1度立ち止まってみるきっかけを作るのも良いかもしれませんよ。

 

 

 

私の過去の人間関係は

本当に大変なことばかりでした。

 

 

 

それこそ、

ねたみ、ひがみが沢山。

わかりやすくいうと

性格が悪い人が多かったです。

 

勿論良い人も居ましたが、比較的性格があまりよろしくない人が結構いました。

 

 

それこそ

 

 

人のことばかりうらやむ人

陰口をよくいう人

私のことを責め立てる人

私のことを知りもしないのに、あいつは○○なやつだ。と決めつける人

 

 

そんな人ばかり。

 

 

だから私は当時、

 

もしかして、無意識に

私は同じような気持ちを誰かに向けてるのだろか…

ど自分を責めたこともありました。

 

 

もっと頑張らないと

もっと変わらないと

もっと、もっと。

と、いつも何かにおびえながら進んでました。

 

 

仕事もそう。

私が天職だと思っていた仕事。

 

でもどこかで

いつも見えない何かを恐れて、びくびくし

どんなに疲れても

どんなに心をなくしそうな程弱っていても

 

私が強くならなきゃ

私が努力が足りないからだ。

 

もっと努力しなきゃ。

 

そう思ってました。

 

 

 

ただそれは大きな間違いで。

 

 

 

私が1番してなかったのは

頑張る事が足りないのではなく

 

自分の心地よいと思う気持ちを大事にしなかった

んです。

 

 

 

本当は人間関係

すごい苦しかったです。

 

 

自分を強くみせるため

強い化粧をし、強気な発言をする。

そうすると自分を守れる。そう思ってました。

 

 

 

仕事も天職なんだと思い込むことで、

自分はしっかりした自分軸が思い切り太い人間。

すごくしっかりしている人だ。

そう思いたかったんですよね。

 

 

 

やはり

 

1番、本当に本当に大切にしたほうが良いこと

 

それは

自分の心地よいと思う気持ちを大事にすること

 

 

そんな気がしています。

 

 

 

 

今の私を私は大好きとようやく言えるようになりました。

 

自分の心の声を受け入れて進むと決めてから

 

お化粧も薄くなりました。

強気発言で身を守る事をやめ、

弱い部分を見せる事に抵抗感が減りました。

 

 

私のことを理解してくれる人が増えました。

私の文句言う人、なんかよく思ってない人。

そんな人さようならです。そんな人間関係いりません。

関わる事をやめてます。

 

 

今、すごくすっっごく楽です。

心地よいです。

 

 

あの時の自分が嘘のように今は穏やかな日々を過ごしています。

 

 

私の体験談、そして考え。

それが

このブログを通して

誰かのヒントとして役立ててもらえたら嬉しいです。

 

 

 

今日も読んで頂き有り難うございました。

 

Elina

関連記事

  1. 辛い気持ちが少しでも楽になる方法。

  2. HSPという気質に振り回されないために

  3. 人と比べてしまう時

  4. 自分のパターンは把握すべし

  5. いつも頑張っているあなたへ。

  6. 本当の自分。周りに見せてる自分。あなたももしかしたらHSP予備軍?

  7. HSPを受け入れるということ。

  8. 考えすぎの人に必要な方法(実践バージョン)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。