HSP自分を好きになるために

見た目ではわからない?!実はこんな人もHSPなんです

Pocket

去った土曜日に

Yahooニュースで

HSPのことが掲載されておりました。

 

 

このニュースを機に

HSPへの認知度は

ぐっとあがったんではないかな、と思います。

 

この気質の認知度向上の為に

色々活動している私としては

 

勿論嬉しい!

 

 

…反面。

 

 

少し気になる事もあります。

 

 

こちらのブログを書く前に

先にTwitterのほうに

このようにつぶやいたのですが

 

 

 

 

 

 

事実、

本当にこのような事になります。

 

 

Yahooニュースの情報だけみると

やっぱり

情報が足りない!と思ってしまう私。

(勿論仕方ないのかもしれませんが)

 

 

 

HSPさんは

 

 

悲しい事や辛い事

嫌な事だけでなく

 

 

嬉しい事や楽しいことなど

 

良い事にも刺激過多になりがちです。

 

 

 

例えば息抜きをかねた旅行でも

ちょっとしたワクワクした出来事でも

楽しみにしていたデートでも

家族で楽しく遊びに行った遊園地でも

前から行きたかった場所でも

 

 

長らくその出来事に接していると

本人にも無意識のうちに疲れがたまり

 

一人になると凄くぐったり。

 

 

なんて事がおこります。

 

 

 

 

こまめな休憩や

適度な一人時間が本当に必要なんですよね。

 

 

 

そしてそして。

 

実は

 

本当にHSPの方のなかには

 

一見ぱっと見では

 

え?この人繊細なの?

 

この人がHSP?!

みたいな人

 

 

めちゃくちゃ多いです。

 

皆さんが思っている以上に本当に多いです。

 

 

 

人は見た目ではわからないものとはよく言ったものです。

 

 

 

 

 

 

見た目はどちらかというと

真逆の

 

明るくて

元気で

愛嬌で

いつも笑顔

 

みたいな人が

実はHSPさんでした、というのはよくある話。

 

 

 

周りに合わせるのが上手だったり

気遣いがとても出来たり

気配り上手

 

そのような素敵な面が

 

 

HSPの気質らしい部分を

まるまる隠したうえで人と接する事ができてしまい

 

 

 

結果

あまり周りに気付いてもらう事もなく

しんどい時にしんどいと言うこともできず

 

一人で苦しい思いをしている方もいらっしゃいます。

 

 

勿論それは男女問わず、です。

 

 

HSPの気質の特徴をみると

 

おとなしそう

内気な

控えめ

 

このような印象をもたれやすいんですが

 

実際違う事のほうが多いんですよね。

 

 

 

 

私がよく受けるお話のなかで

 

自分がHSPと告げるのが怖い

 

本当の自分を知られたらどう思われるか不安

 

このような声を頂く事がとても頻繁にあります。

 

 

 

そんな方に

無理に

「頑張って言ったほうが良い」とかそんな事

私はけして言いません。

 

 

それが出来たらもうしてるし!

って思う方もいるでしょうし

 

相手にとって簡単な事でも

自分にとって難しいと感じることなんて

沢山ありますもんね。

 

 

だからこそ

 

 

是非そんな方にお勧めしているのが

 

無理にわかってもらおうとしなくて良い

 

という事です。

 

 

 

なぜなら

 

人の内面は必ず外に現れます。

 

 

どんなに隠していても

性格の悪い人って、表に出ていませんか?(失礼)

 

 

あなたの良さを知ってくれる人は必ずいますし

 

 

なにより

他人にわかってもらおうとしなくて良い

んですよ。

 

 

 

というのも、

実は

 

自分で自分をわかってあげることができると

他人に求める事は減ります。

 

これ、本当です。

 

 

 

 

心の中で

こんな自分はだめだとか

こんな自分だと受け入れられない

 

 

そんなに風に否定していると

 

自分をわかってくれる人を求めたくなるんです。

 

 

 

まずは人より、自分。

 

向けるベクトルは

何より自分自身。

 

 

 

このブログを、今ここまで読んでいるあなたは

 

確実にこのブログを読む前のあなたと違って

 

少し気持ちが変わっているはずです。

 

 

私だけじゃなかったんだ、

と思うかもしれないし

 

一人じゃない。

そんな気持ちになる人もいるでしょう。

 

 

あなたらしさを理解してくれる人って思っている以上にいるものです。

 

 

このブログが

少しでも

自分らしさを受け入れる事ができるようになるヒントになれたら嬉しいです。

 

今日も読んで頂き有り難うございました。

 

 

Elina

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA