自分がHSPかどうか知りたいという方へ

Pocket

2018年を振り返り

 

最も頂いた質問がこれです。

 

ElinaさんはどうやってHSPと知ったんですか?

HSPの判断基準ってなんですか?

病院に受診しないといけないんですか?

 

このような

HSPへの判断基準に関する質問

です。

 

 

 

こちらに関しては

一言でお伝えできる事ではないという事もありますので

長文でも伝えられるブログの力を借りてお伝えしたいと思います。

 

 

 

一つ一つ伝えていきますね。

 

 

 

まず、

HSPの判断基準のチェックリストがありますが

HSPチェックリスト

 

個人的には

このチェックリストだと

確定的な判断に欠けてしまう事があるので

 

 

こちらのチェックリストのみで判断することはお勧め致しません。

 

HSPの判断基準で最も大切なのは

4つのDOESです。

 

このDOESについてまとめた記事がコチラです。

ぜひ一度目を通して見て下さい。

これにあてはまればあなたもHSP

 

 

 

 

 

私はHSPの活動をするなかで

沢山のHSPの方と接してきましたが

 

この4つのDOESにあてはまった場合。

大半の方が

あ、自分ってHSPなんだ

 

腑に落ちた、納得できた。

との声を頂く事ばかりなのですが

それでも

 

HSPと名乗っていいのだろうか…?

と悩む方や

 

なんか当てはまるような当てはまらないような…と感じる方。

に遭遇することもあります。

 

 

そこで。

 

そんな方がこの記事を読んでいらっしゃるのであれば、

質問があるのですが

 

 

 

 

それは

 

 

そこまでハッキリさせたい理由はなぜですか?

 

という事です。

 

もしかすると

白黒はっきりしないとスッキリしないから。でしょうか?

 

それともHSPと名乗って違っていたらどうしようと不安なのでしょうか?

はたまた、

発達障害の気質もあるような気がして自信をもって答えられないからでしょうか?

 

 

 

 

色々と質問しておりますが

勘違いしないで下さいね。

けして責め立てるつもりはないですし、それがダメといっている訳ではありませんよ。

 

 

そんな質問をしている方は

大切な事を忘れてはいないでしょうか……?

ということをお伝えしたく、この質問をさせて頂きました。

 

 

 

そもそも。

 

なぜそんなに気質で区切る事にこだわるのでしょうか…?

 

 

こういってしまうとなんですが

HSPとひとことで言っても

気質は同じですが性格は違うので

HSP同士で合わない人もいれば、

 

その人のバックグラウンドや性格によっても

HSPの気質の特性が強くでているのか、弱くでているのかも変わるので

 

一概に同じような人は全くおりません。

 

同じHSPでも

気質を肯定的に捉える事ができる人もいれば

悲観的にしか捉えられない人もいるのは

 

性格が違うから

です。

※よろしければこちらのブログもご参照下さい。

外向的HSP内向的HSP、そして自分らしさ

活発・社交的なHSP

 

 

 

ですから

一概に

HSPとまとめてしまうと

私はそうでもない気がするけれど…。

私は○○ではないけどなぁ…。

のような事が起こる方がいるのは当然なのです。

 

 

ですが

(次とっても大切です。凄く大切です)

 

 

どんなに性格は違うといえども、

確実に

HSPの4つのDOESは当てはまっているというのは共通項

 

ですので、

仮にご自身が

全部にあてはまっている訳ではない。というのであれば

HSPを断定することは難しいと言えるでしょう。

 

 

HSPさんは

この4つには確実に当てはまっていますから、

 

 

そこに当てはまっていない

のであれば違うという解釈を持っていいと思いますし、

 

 

はたまた

当てはまってるけれど発達障害の症状にも当てはまる気がする…。

そう思うなら

一度お医者様に受診して発達障害の診断を受ける事もありだとは思います。

 

 

ちなみに

Elinaさんはお医者様にみてもらったんですか?

という質問ですが

 

私は受診はしておりません。

 

今まで世の中に出ているHSP本は

全てと言っていいほど熟読してきましたが

 

私は自信をもって

自分はHSPといえるほどの典型的HSPという事がわかりましたし、

 

HSPのカウンセラーをされている方やその道で活動されている方がみても

疑う余地無く典型的なHSPとも言われているからです。

 

そういうと

Elinaさんは周りにそんな人がいるけれど

私はいないから、やっぱり受診したほうが良いのかな?

という質問を受けそうですが

 

 

そんなに気になるようであれば

私同様

HSP本を沢山読む

沢山の知識を得る

をまず先にしてみることをお勧めいたします。

 

 

 

現に、

私の友人は

同じような方法で知識をつければつける程

 

HSPって名乗っていいのかな…?

 

とわからなくなり

発達障害の可能性も考えお医者様に受診したところ

軽度のADHDと診断された、

という方もいらっしゃいます。

 

 

その方は

自身でHSPに関しての知識を習得し、HSPへの理解も高めたうえで感じる違和感があったからこそ

勇気を出してお医者様を受診されたのですが

 

自分で一旦知識を得る事をしたからこそ

お医者様の判断基準を納得し受け入れる事が出来たのです。

 

 

もし仮に

自分でHSPを知る事をせずして受診をしていたら

お医者様の判断を疑う事もあった事でしょう。

 

 

 

 

ですから

 

病院受診よりも

そんなに気になるのであれば

まずは

まずは知識をつけること。

HSPを知ろうとすること

 

それらを先にする事を私はお勧めいたします。

 

そうしていくと

おのずと答えにたどり着くものです。

 

 

本当に気になるのであれば

まずは自分で知識習得を試みて下さい。

 

必ず自分自身の身になるはずですから。

 

 

そして最後に

最も大切な事をお伝えさせて下さい。

 

それはなにかといいますと

 

 

HSPだろうがそうでなかろうが

あなたという人はあなた1人しかいない

とう事です。

 

世の中気質がどうであれ

十人十色です。

 

環境が違えば

変わってくる事も沢山あります。

 

周りと違うように感じる自分に自信をなくす事はないですし

自分の感覚に自信を持って良いし

 

人になに言われても自分が自分らしくいれるのが何よりですから。

 

 

気質に振り回されず

あなたらしさを大切に

日々を過ごしてほしいなぁと思います。

 

 

今日も読んで頂き有り難うございました。

少しもこのブログがヒントになれたら幸いです。

 

Elina

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. HSPとHSS

  2. 見た目ではわからない?!実はこんな人もHSPなんです

  3. HSPという人

  4. HSPの方には必ず読んでほしい。 環境の整え方。

  5. 否定をしてくる人への対処法

  6. 外向的HSP内向的HSP。そして自分らしさ

  7. 音×HSP

  8. 認められたいから?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。