自分を好きになるために

人に合わせてしまってばかり…という人へ

Pocket

学生の頃。

本音の部分では

そんなに好きじゃなかったり、興味がないことを

 

友達たちはそれが好きだから

世の中的に流行っているから

 

たったそれだけの理由で

私も好きなんだと思い込んでいた時期がありました。

 

 

相手と自分の境界線を引くのが下手で

わかりやすくいっちゃうと

 

相手に流されやすいこの気質。

 

 

当時の私は

 

周りの友達とはなんか違う、

ということを認めるのが怖かったんですよね。

 

 

自分が

近しい周りの人と、感覚が違うということを知られると、

 

 

 

周りの友達に

変な子扱いされるんじゃないか?

仲良くしてもらえないんじゃないか?

 

と思い

なかなか無理をしていました。

 

 

正直

好きのフリをする

 

ってめちゃくちゃ疲れます。

 

 

前にこちらのツイートでもつぶやいたんですが

 

 

私の当時の(何なら今でもそう思っている人もいると思いますが)

周りからのイメージは

明朗活発!人が集まる場所大好きでお酒が好きな人

 

そんな感じでした。

 

 

 

本当は

根明ではあるけれど、基本的に気遣いしすぎて家でぐったりしてます。

 

人が多い場所、沢山の人が集まる場所で楽しいのはほんの数分(場合によっては数秒)。

時間が経つにつれて吐き気がするときもあります。

 

 

お酒が好きなんではなく、お酒で紛らわしている。

 

そんな風に見えない?えぇそうですとも。バレないように隠していますから。

 

これが私の本音の部分、だったんですよね。

 

 

 

 

私と同じとまではいかなくとも

自分で居心地の良い自分を隠して過ごしている人

 

って、いると思うんです。

 

 

別に大衆に向けて自分を出せとも思いませんし、

そんな表現できる程

人は強くないというのもわかっています。

 

 

ただ。

 

ただですよ?

 

自分の本来求めている願望

自分の好きなこと

自分が嫌いな事

 

そういう事を知ることにかける時間や

そんな自分を認めてあげる事

 

そんな時間が少なくなればなるほど

 

どんどん自分のことがわからず迷路になっていくと思うんです。

 

 

 

それにね。

これは本当に本当のことなんですが

 

自分が思っているよりも

あなたの素の部分を受け入れてくれる人は沢山います。

 

 

 

 

ただ

たまたま今現在の環境にいないだけの事。

あなたの知っている範囲の中にはまだ見つけられなかったりするだけの事。

 

だったりします。

 

 

人に合わせる事も時として大事ですが

自分が自分に合わせることはもっと大切なことです。

 

 

 

自分のすきなこと

自分のきらいなこと

 

自分の価値観をぜひ大事にしてみてください。

 

 

それができはじめると

驚く程、あなたに合った人が沢山現れますよ。

 

 

今日も読んで頂き有り難うございました。

 

Elina

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA