HSP育児

HSP気質を持つあなたへ送る子育てについてのこと。

Pocket

Twitterをフォロ-して下さっている方の中には

ご存じの方もいると思いますが

私は1児の男の子ママです。

(このブログを更新している今現在、息子は1歳4ヶ月です)

 

 

 

日々育児をしながら

HSPの活動をしています。

 

 

 

 

そんな私が

 

 

以前Twitterでこのような内容を書いたんですが

 


思いの外

反響がとても多く。

 

 

同じ気質の親御さん皆さん

日々この気質と向き合いながら育児をされているんだなぁと

改めて感じてしまいました。

 

 

 

 

実は

HSPの提唱者でもある、

エレイン博士も仰っている事なんですが

 

 

HSPは

親として自信をなくしやすい

育児を苦手と感じてしまいやすい

 

という面があるんです。

 

 

 

 

その背景に、この気質は

 

考え込みやすい

他人軸に影響されやすい

完璧主義になりやすい為、常に理想を高く掲げやすい

 

という特徴がある為

 

 

例えば

 

 

周りの反応に敏感だったり

周りの些細な変化に気付きやすく

普段から人疲れしまいがちなこの気質ゆえ

 

 

沢山の考え方の人が居る場だと

いろんな事に人一倍気付けてしまい、ただでさえ疲れやすいのに、

 

「ママ」というくくりのみでの共通点しかない関係性もあったりする為

 

 

ママ友が苦手

ママが沢山居る場所にいれない(居たくない)

出来るだけあまりママ友付き合いをしたくない

と感じる事が多々あります。

 

 

だからといって

子ども同士の交流もあるから、と

日々頑張って人付き合いをしている

という方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

また他にも

 

自分と同じ年齢/月齢の子どもが

自分の子どもが出来ない事が出来ていたりすると

 

頭の中では

それぞれ子どもの個性があるし

よそはよそ、うちはうち

 

とわかってはいるものの

私の育て方、大丈夫かな?

うちの子大丈夫かな?

と思ってしまう事があったり。

 

かといって、

そう思ってしまった後に

そう思った自分をまた責めてしまう事があったり。

 

 

と、

 

自分のことだけでも沢山のことを日頃から考えてしまうのに

 

 

育児という

大切な大切な子どもの事も考えてしまいますから

 

時には脳みそパンク寸前

 

という状況も少なくありません。

 

 

 

 

これがPMSと重なったりした時には

人が変わったんじゃないか?と言わんばかりに

 

落ち込みやすさが増したり

怒りっぽくなったり

体調が悪くなったり

 

と日常生活に影響が起こる方もいらっしゃいます。

 

 

 

勿論今言ったような例えは

HSPでない人でも考えてしまうような内容ですが

この気質の方にとっては

周りが思っている以上になかなかハードな事ばかり、なんですよね。

 

 

でも。

 

だからといって辛い事ばかりではなく

エレイン博士も仰っているんですが

 

 

 

HSPは育児に向いている

という面も存在します。

 

 

 

 

 

 

いろんな事に気付く

相手らしさを尊重できる

細かな変化を感じる事ができる

 

 

このHSPらしい3点要素

 

育児の面で

大きく活かされていく

ので

 

HSPの方の育児は

とても子どもの事を考えた育児をしている方が多いんです。

 

 

 

日々。

HSPにとって育児は

大変さを感じる事がHSPでない人に比べると、より沢山あるかもしれません。

 

 

親という生き物は

妊娠したらしたで、考える事は沢山。

生まれてからも、育っても、手が離れても。

本当ずーーーーっと

親として、子どもを通して自分と向き合う事の連続。

 

 

ですが

HSPの良さである

子育てに向いているという面が自分にはあるんだという事を念頭に

 

少しでもこのブログが

日々の育児を

楽しめる材料になれたら嬉しいなと思います。

 

 

今日も読んで頂き有り難うございました

 

 

Elina

 

下にスクロールをして頂くと
Twitterのつぶやきなどもご覧頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HSP気質を持つあなたへ送る子育てについてのこと。” への1件のフィードバック

  1. 子供の頃から他の姉妹と何かが違う、友達付き合いが辛い、考え過ぎるのが辛い、生きにくい、自己肯定感が低く死んでしまいたいと何回も考えてきました。
    自分がhspではないか?と気付いたのは、長男の育児をしてからです。
    他の子と何かが違う。保育センターや小児科には入る前から敏感に泣き、癇癪が起きると止まらず、かと言って保育園では手がかからない良い子で人が遊ぶのを観察して、石橋を叩いて渡る子です。自分の小さい頃とそっくりなのです。
    自分の親からも、気質が小さい頃の私そっくりだと言われます。
    hspの事を知れば知る程腑に落ちる。しかし、旦那や親に相談しても考え過ぎだと取り合ってくれません。
    hscの子供が癇癪を起こすと、自分の中の何かが一杯になってしまい、パニック、ヒステリックを起こし、子供に手を上げたり、暴言を吐いたりします。
    後で冷静になった時にごめんねと抱きしめるのですが、罪悪感で死にたくなります。
    自分は育児に向いていない、こんな親でごめんなさいと子供が寝た後に後悔ばかりです。
    エピソードは色々あり、書ききれませんが、自分がhspだという事に気付けて良かったと思います。
    今までの人生、ずーっと自分を責めて生きてきましたから。
    他人に理解され難い自分自身の存在自体が辛かったです。
    このブログを読みながら、スーッと腑に落ちていく感じがしました。
    そして、悩んでいるのは自分だけではないと思うと何だか心強くもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA