育児

働く事が好きなママへ(罪悪感を取り払うには)

Pocket

今日はHSPの目線から

働く事が好きなママへ向けての内容を書きたいと思います。

 

はじめにお伝えしますが、

私のブログに書いている事が正解かどうか。はわかりません。

 

 

なぜなら

人それぞれ感覚は違うし、価値観もさまざま。

正しさの基準も人によって違うから。

 

 

 

ただ、

 

ただですよ?

 

このブログを読んで

 

 

心が軽くなったり

癒やされたり

前を向くきっかけとなれるのであれば

 

答えは自分の中にある

 

と思っている私としては

それが何よりも重要なのかな、と思い書いてます。

 

 

 

と前置きが長くなりましたが。

 

 

 

 

 

きっと

この記事を読んでいるということは、

私と同様に

働く事が好きなママなんだろうなと思います。

 

 

 

 

働く事が好き。

けど自分の子どももとっても大事。

 

 

 

そんな状態だからこそ

出てきてしまう

 

 

罪悪感。

 

 

だいぶ理解される環境になってきてはいますが

 

 

 

 

仕事が好き。

働く事がすき。

 

というと

 

子どもより仕事を優先にしてる

子どもが可哀想

 

そう思われがちな社会。(特に親世代からだと尚更)

 

 

私自身、

 

そんな言葉が

 

ずーと頭の中にあって。
罪悪感が離れなくって。

 

 

 

 

 

好きなことをしている自分=駄目なママ

 

みたいな感覚が

ずーーーーとあった。

 

 

 

別に誰に言われた訳でもないんですけどね。

 

 

 

私なりに子どものことを考えて

 

 

 

料理に気も配ってる。

 

お弁当もちゃんと作ってる。

 

学校にもたせるものも手作りしてる。

 

人混みが苦手な気質と立ち向かい、

子どものために人混みをかき分けて子どもが好きな場所にも足を運んでいる。

 

休みの日は思いっきり遊んであげている。

 

 

 

 

なのに。

 

それなのに

 

 

どうしても

 

好きなことをしている自分

 

 

自分勝手なんじゃないか?

自分優先過ぎやしないか?

 

と感じてしまい、

心のどこかで罪悪感があった。

 

 

 

子どものことをもっと考えて仕事選びをしたほうが良いんじゃないか?

もっと自分を抑えたほうが良いのか?

 

 

そんな事も考えた。

 

 

 

でも仕事も好き。

 

 

 

ずっとぐるぐる葛藤してた。

 

 

 

 

そんな時、

 

 

ある人にこう言われた。

 

もっと自分に自信もちなよ。

何を基準に正解なの?

自分はどうしたいの?

 

 

 

 

と。

 

 

 

 

真面目で一生懸命になりがちなHSPという気質を持っている私。

そして

すべての事を自分のせいだ、自分の責任なんだ。と責めがちなHSPな私。

 

 

 

どっちもちゃんとしなきゃ、

 

 

良いママにならなきゃ(そもそも良いママの基準は何なんだ?って話なんですが)

でも仕事もしたいし

 

不器用なくせに

 

 

仕事がしたい、という考えを持っているくせに

 

古き良き日本の風潮の

おうちにいるお母さん

 

の両方を

パーフェクトにこなそうと

欲張りになっていたんですよね。

 

 

 

 

 

HSPらしい0か100かで考えやすい極端な気質が出まくりな私。

・・・うん、反省です。

 

 

 

仕事が好きなのも私。

子どもを大事なのも本当。

 

じゃあどうするのか?

 

私は決めた。

 

 

 

仕事が好きなのはもう性格だ。

そう!

性格。

 

変えられない。

 

なら

受け入れよう

 

と。

 

 

 

仕事が好きな自分を否定するから、罪悪感もうまれるんだ。

という事にようやく気付いたんですよね。

 

 

だから

私は思いきり仕事を楽しむ事に決めました。

 

きっと、

この性格が私だし、

母親業はずっと続いていくから

 

この悩みは、対象がどうであれエンドレスで続くんだと思う。

 

 

 

けど

それも含めて楽しめるようにすること

も凄く大事だし学びなんだな、と思う。

 

結局

 

 

常に自分と向き合う事

しなきゃいけないんだよね。

 

 

 

罪悪感がうまれる時、

 

それはきっと

自分と向き合って何かを気付くきっかけ

なのかな、と思います。

 

 

このブログが少しでも

誰かの役にたてれたら嬉しいです。

 

 

今日も読んで頂き有り難うございました。

 

Elina

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA