未分類

HSPの私とHSPでない母との関係。

Pocket

 

 

言葉。

 

それは人を喜ばすこともできれば、傷つける事もできるもの。
そう考えると
ものすごく素晴らしいものでもあるし、反面恐ろしいものでもあるなぁと思う。

 

 

しかもさ、
捉え方が変わると意味も変わっちゃうじゃない?

例えば。

こちら側としては励ましたつもりでかけた言葉。

 

でも受け手の解釈が違うと、その言葉は励ましどころか、ますます追い込む言葉になってしまってたり。

 

 

ストーカーの人とかの細かな心理は専門家じゃないからわかんないけど、
異常心理とかもさ、

 

好かれてる方が断っても
良い解釈して好きの裏返しと思われて
ストーカーのほうはますます好きになってたりすることもあるわけでしょ?

 

 

うーん、
改めて良くも悪くも言葉のパワーってすごいな、と思う。

 

 

そこで。

言葉に人一倍敏感なこの気質。

 

相手は悪気なく言ってしまってるんだろう言葉の一つ一つを細かく捉えてしまうことがあって

 

言葉に振り回されることが結構ある。

 

 

 

ちなみに私の母は

なかなかの高確率で
私にグサっ!とくるような言葉を投げかけてくることがめちゃくちゃ多い。

 

 

それは今に始まったことじゃなく、子どもの頃から。

 

いや、きっと
母は傷つける気なんて全くなくて。

私がHSPだからグサグサ刺さる言葉に感じているだけ

のほうが実は凄く正しい。

 

 

事実、私には流せない言葉でも
流せる人には流せる言葉だったりもするでしょうしね。

 

 

 

私の母は私のことを昔から

「繊細な子」

「育てにくい子」

「気を遣わせる子」

「難しい子」

としょっちゅう私本人に向かって言ってました。

 

 

 

これね、この気質から言わせてもらうと

 

 

超傷つく!!!

 

 

 

ほんと、へこむ。結構へこむ。いや、がちでへこむ。

 

 

もうね、なんてゆーの。

 

 

 

ネガティブワード集をありがとう!!(逆ギレ)

 

て思うくらいショック受ける。

 

 

だって私としては
普通の事をしているだけなんだもの。

 

今となってはこの気質だから。という事で理解できる事が沢山あるけれど

 

 

当時の私は
「私って変なの?」と自らを疑い、責めた事が何度あったことか。

 

 

でも母としては
素直な感想を言っているだけで、逆になぜそこまで傷つくのかわからない。と言ってくる。

 

 

 

はーい。その言葉で傷つき度2割増ね。(私の思い)

 

 

とまぁ
すれ違いまくりの親子な私たち。

 

あ、だからって誤解してほしくないんですが
私と母めちゃくちゃ仲良しですよ。

 

それに私は母のことが好きです。

 

 

 

昔は

母親なのになんで傷つけるの?
とか
なぜわかってくれないの?

と求めた事も沢山ありました。

 

でも

それは

 

 

 

私自身が

母の性格を理解していなかったから。(正式にいうとHSPじゃない人の事をよくわかってないから)

母に私の考えをわかってほしい気持ちがあるから。

という事が理由だったなーて思う。

 

 

 

あとね。
( ここからのほうが結構重要!!)

 

 

これはHSPという気質を深く学んだからわかった事なんですが

この気質は

子どもであったとしても、時に大人以上の思いやりや優しさを持っていて、相手を責めたり人のせいにしないので

 

自分が駄目なんだ。自分に何か足りないから駄目なんだ。と悩んでしまう
そうです。

 

 

 

知った時、まさにこれを目から鱗が落ちるというのか!!!!
と言わんばかりに腑に落ちたのを今でも覚えています。

 

それから私はあることに気付いた。

 

 

HSPはただでさえ繊細で敏感といわれる程
細やかな事に気付けたり配慮が出来る気質。

 

 

 

て、ことはだ。

 

 

HSPじゃない人に

 

HSPの人と同じように細かな事に気付いてもらうこと、わかってもらうこと、を求める事自体無理がある。

 

だから、さ。

 

私と同じように親や家族でへこむことがあったりする人に強く言いたいのが

 

 

HSPの気質は凄いんだよ!素晴らしいんだよ!
て事。

 

ほんとに声を大にして言いたい!!

 

 

 

ちなみに、
私の母は傷つく事も沢山言うけれど、すごく素敵な言葉もいってくれました。

 

しかもそれは私がHSPだとわかる前だったんですが、

 

母はこう言ったんです。

 

 

お母さんがあなたを傷つけていたならごめんね。それは謝るね。

でもね、あなたが気付いている細かな部分は、あなただから気付けるんだと思うよ。

 

だから、あなたの繊細な部分は個性だし、魅力だとお母さんは思う。もっと自分のその気質に自信を持ちなさい。

 

と。

 

 

…でも、あなたの考えはやっぱり難しい。
と付け加えましたけどね。笑

 

さすが、まいまざーです。笑

 

 

とにかく。

 

 

 

私と同じように悩んだり傷付く経験をした人は

 

ぜひ!!

 

自身の繊細で傷付きやすい部分は

 

大きな魅力だと信じてほしいなと思います。

 

 

 

とらえ方一つでプラス効果はうまれるものです。

 

同じ毎日を過ごすなら

絶対自分を好きで過ごすほうが楽しいに決まってる。

 

 

HSP万歳です。

自分の良さを自分で消しちゃもったいないですよ。

 

 

 

今日も読んで頂き有り難うございました。

Elina

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA