人間関係

周りは結局なんとでも言うんです。あなたはあなたらしくが1番いい。

Pocket

人って本当に面白い生き物で。

 

恋人がいなかったら、恋人いないの?つくりなよ。と言い、

恋人ができたら「結婚は?」と言う。

 

結婚したら、「子どもは?」と言い

子どもができたら「二人目は?三人目は?」と言う。

 

他にも結婚、子供の次には

「マイホームは?」となり、そんな質問はエンドレスに続いていったりするもの。

 

離婚したらしたで、

「再婚は?」とかね。

 

 

恋人でも結婚でも子どもでも、

 

それぞれに事情や考え、状況があるのに周りは平然と言ってきたりする。

 

 

しかも悪気なんて全くなく

 

LGBTの人もいれば、子どもが出来にくい人もいる。

恋愛にトラウマを抱えている人や、過去の経験から前に進めない人もいる。

家庭の事情や、金銭事情。

家族間。自分の中でしか知らない悩み。

いーーーっぱいあるんです。

 

 

結局

人は人のことを

何かに当てはめたがるような気がします。

 

 

きっとあてはめることで

安心したり

わかりやすい指標にしたりするんだろうな、と思う。

 

 

見た目がこういう人はこんな人。

こんな考えの人はこういう人。

○○県の人はこんな人たち。

 

 

のように。

 

 

 

て考えると

あまり深く考えずに人の事を話したりする人は多いような気がします。

 

 

 

 

 

 

だったら

 

自分の人生なんだから。

 

自分がOKなら。

 

周りが何をいっても

自分らしく進んだもんがち

のような気がする。

 

 

 

 

 

 

周りの目を気にしてしまう人、多いと思うんです。

 

 

 

 

こうしたら周りにどう思われるかな?

こんな考えだと知られると、なんか良くないんじゃないか。。

みんなの前ではこんな風にしてるけど、本心は違う。

実は本当は結構ネガティブなんです。

 

とかね。

 

 

周りがなんと言おうが

自分らしく進んでいくって本当に大切です。

 

そりゃあ若干怖い時もあります。

 

 

 

私だって、このような記事書いてますが

人から賛否両論あるのは承知のうえで書いてますし

 

すくなからずどこかで人の意見が怖いです。(いや、ぶっちゃけ凄くびびってる時のほうが多いです)

 

 

ですが、そんな気持ちも見ないようにしながら

振り切って書いてたりします。

 

 

 

 

 

ちなみに

これを書いている私は

 

HSPという気質をもった人間です。

 

 

 

 

これは病気じゃないですよ。

そういう性質。気質。

 

わかりやすくいうと

性格の一部をそう呼んでいるんです。

 

 

繊細で敏感で、感受性が豊かな人のことです。

 

 

私が自分がHSPとしった時、

 

 

あぁ。私って病気じゃないんだ。そういう性格なんだ。

 

考え過ぎてしまうのも

相手の顔色ばかり気にしてしまうのも

全部この気質だからなんだ!

 

と安堵したのを凄く鮮明に覚えています。

 

 

 

 

やはりそれも

あてはめる事で

 

「私はHSPなんです」

ということで安心できたんだと思ってます。

 

 

反面。あてはめた事で

 

病気チックに見えがち。というデメリットもありますけどね(何度も言いますがけして病気ではないです。)

 

 

 

とにかく。

 

人は自分の都合の良いように、人をあてはめます。

 

 

むしろそれをするからこそ、

自分軸や他人軸も存在するように思える。

 

 

周りの声はあくまで周りの意見。

人は十人十色。

いろんな考えがあって当然。

 

あてはめられたりあてはまったり。

 

そうしながら

自分色、自分軸が出来ていく。

私はそんな気がしています。

 

 

だからこそ

この記事を読んでいるあなたへ。

 

ぜひ自分は自分!

自信をもって日々を過ごしてみてほしいな。と思います

 

 

この記事が少しでも誰かの役に立てれたら嬉しいです。

 

 

今日も読んで頂き有り難うございました。

 

Elina

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA