Life

平凡にこそヒントはある

Pocket

仕事で成功する。

〇〇を達成する。

 

そんな風に

目標を持って何かに進んでいくことって素敵だし大事なこと。

 

 

 

けどそれよりももっと大事なのが

 

普段当たり前のように過ごしてる日常
なんじゃないか。

 

 

とここ最近すごく感じる。

 

 

 

よく本屋さんでも見かけます。

 

成功する10の法則
とか

〇〇を大切にすれば成功できる
みたいなの。

 

 

 

それはそれで良いことだと思う

けど

 

 

 

私は日々の生活を過ごす中で

何かに感動することや

目の前に当たり前に存在してて、日常にまぎれてしまってる実は当たり前じゃない些細な幸せ。

変わらない日々の有り難さ

そばにいる人の存在の大きさ

自分を支えてくれてる人

たわいもない会話

 

 

 

そういうことの1つ1つが

実は幸せの種なんじゃないか、と思う。

 

 

目標をたてて、達成することって素晴らしいことだと思う。

 

けどやっぱり

こういった小さな幸せを感じることが出来なければ、

何かを達成しても
大切な事を忘れちゃったり

本当の幸せを感じれなくなっちゃったりすると思う。

 

 

 

誰かがいなくなって気付くんじゃなくって、

そばにいてくれる人は当たり前じゃないということを感じてみたり。

 

 

平凡に過ぎてるようにみえる毎日も、実は健康な体があるからこそっていうね。

 

 

 

普段の日常の中で。

何気ない毎日が

実はいかにありがたい日々だってこと。

忘れちゃう時ってあると思う。

 

 

けど

定期的に自分の足元を見て

今の既にある幸せを見つめ直す
何かを達成したい時こそ、

そういう事を大事にすべきだと思う。

 

 

私自身、

20代の頃と環境がガラッと変わって30代を迎えた時

今後自分はどういう道に進むべきか凄い考えてた。

どうなるんだろ?

今後の私はどーしたい?って。

 

 

そんな時に感じたのが

何かを探すことをする前提に

普段過ごすうえでの幸せの種を見つけていく日常を送ることが

全てにつながってるってことだった。

 

 

実際にこれがしたい!て確定的なことは、今の所まだ見つかってないけれど

日々がどんどん楽しくなってることは確か。

 

 

そしてどんどん新しい発見が出来てるのも事実。

 

平凡にこそヒントはたくさん転がってる。

 

 

 

 

その気持ちを大切にすることが道のりをつくるのかなーーーー

Elina

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA