HSP自分を好きになるために

人と比べてしまう時

Pocket

前にTwitterに載せたんですが

 

 

 

HSPの方は

まさにこんな感じになる方が非常に多いです。

 

頭の中でいろんな事をいろんな角度で考えてしまうんですよね。

 

 

勿論HSPでない人でも

悩み事があった時、

自分の中で考えている事があった時には

いろんな事を沢山考えると思いますが

 

 

 

ただ。

 

HSPの方に限っては

普段から考え事をするのが習慣化していて

 

 

考え事をしている状態が普通

ってくらいに

 

 

確実に沢山の情報を頭の中で

あーでもない、こーでもない

と普段から張り巡らせているので

 

考え過ぎじゃない?

って言われると

 

まるで

 

自分の中の普通を否定されてしまったような気がしてきて

 

悲しい気持ちになったり

時にはイラっとしたりしてしまいます。

 

 

 

その為

自分に自信をなくしてしまったりする方もとても多く

 

自分に自信が持てず

後ろ向きになってしまう方も少なくありません。

 

 

 

 

 

それだけでなく、

この面が

時に

人と比較するというところに意識が向いてしまい

 

自分はAさんに比べて○○が足りてない

周りは頑張ってるのにもっと頑張らなきゃ

自分はまだまだだ。全然ダメだ。

 

と、どんどん自分を追い込み

自分のダメな部分にばかり(ダメと思い込んでいるだけ、だったりする事が多いんですが)、フォーカスしてしまい

 

人によっては

その事から心の病気になってしまう時もあります。

 

 

そのような方のほとんどが

本人は全然足らない人でもなく

むしろ十分頑張っていたりするんですけどね・・・。

 

自分で自分に納得がいかなくなり

弱音の吐き方さえわからなくなってしまい、どんどん自分を追い込んでしまう。

 

 

それゆえカウンセリングに通われている、という方もなかにはいらっしゃいます。

 

 

 

因みに

HSPの方が比べている対象のほとんどが

HSPでない人

です。

 

 

HSPでない人と比べて

 

○○さんは流せる事をなぜ私はいつまでも気にしてしまうんだろう

 

○○くんみたいになれない自分ってダメだな・・・。

 

周りは平気そうなのに、自分だけが気にしているなんて自分って弱いな。

 

とこのように

HSPでない人と比べてしまっているんです。

 

 

比べている真っ最中の時には

もう自分がいかにダメなのか、とか

自分がいかに足りないところが沢山あるのか

 

そんな事ばかりを考えてしまっているので

 

自分とは違うタイプだから仕方ない、とか

そもそも気質が違うもの。

なんて考える心の余裕がないときのほうがほとんどです。

 

 

 

 

ですが、やはり

人と比べる、という行為をするのであれば

 

 

絶対どんな時も

比べる相手は過去の自分

 

これに勝るものはありません。

 

 

もちろん頭でわかっていても

人と比べてしまう時もあるでしょう。

 

頭でわかってても無理な時があって当然です。

人と比べてしまうという行為は

 

比べる対象がある限り誰しもがしてしまう事ですから。

 

 

だからこそ

意識して比べる相手を自分に持っていく

 

 

それが

とってもとってもとっても大切です。

(大事なので3回言いました)

 

 

このブログを書いている私だって

今でも他人と比べてへこみそうになる時はあります。

あなただけではないですよ。

 

 

 

でも

過去の私と違って、今の私は

 

すぐに人と比べている自分に気付き

軌道修正する事がとても上手になりました。

 

 

 

だからぜひ、あなたも

人と比べるのではなく

誰かと自分を比較しそうになった時は

 

対象を自分に変えて

 

昔の自分より、今の自分はどうか?

昔はあんなに悩んでたけど、今は笑顔が増えてる。

昔の自分より強くなれてる

 

昔の自分と比べてみてください。

 

絶対に成長しているあなたがそこには居ます。

 

 

それでもやっぱり

誰かと比べてしまう、という時には

 

そんな自分を責めず

 

ま、そんな時もあるさ。

 

と言い聞かせてください。

 

言い聞かせていくと、

本当に

まぁそんな時もある。と思えます。

 

 

あなたの可能性は無限大ですよ。

絶対大丈夫、ですからね。

 

 

 

このブログが少しでも誰かの役にたてれたら嬉しいです。

 

読んで頂き有り難うございました。

 

Elina

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA